宇宙人母が伝える楽しい地球の歩き方

宇宙人母KAYOがプロデュースする楽しいイベントのお知らせや、地球ライフを楽しくするヒントを書いています。

ゴミを拾うとポジティブになれる?〜『セラピスト誕生』感想

こんにちは。宇宙人母KAYOです。

 

我が家はかなりの坂道をのぼったところにあるのですが、数年前、その坂道のふもとにコンビニができました。

すると間もなく、その坂道でよくゴミを見かけるようになりました。

 

そのコンビニで買ったと思われる惣菜パンやホットドッグの包み紙。


最初は、

「いやだなぁ。こんなところにコンビニができたせいで・・・」

と苦々しくそれらのゴミをながめていました。

 

あるとき、

「イライラしているより拾おう」

と思って、その道を歩くたびにゴミを拾うようにしました。


でも、ゴミ拾いをやり始めた当初は

「ゴミをさわるの、やだなぁ。」

と思っていたのですが、拾うとなんだか気持ちいい。

 

そして、キレイになった道を後で通るときも、

「きれいになってよかった」

と再度気持ちいい。

 


でも、また次の日には新たにオニギリの包装フィルムなどが落ちていてがっくりするのですが・・・。

 


それでもだんだん、

「ひょっとしたら、だれか高校生くらいの子が、学校帰りにおなかがすいて買い食いしているのかな。

でも買い食いがバレると、お母さんに怒られるから、食べながらゴミを捨てていくのかもしれないな」

と、勝手に同情めいたものも感じるようになってきました。


そしてさらに、

「こんなふうにゴミを拾える健康な体であることはありがたい」

と感謝の気持ちまで浮かぶようになってきたのです。

 

そんなことを続けていたら、先日読んだ「セラピスト誕生」という本にこんなことが書いてあって

「ハッ!」

としました。

 

*****

 

ポジティブ要素の強い状態を作り出すための日常の最も身近なチャンスはゴミを拾うことです。

 

(中略)


ゴミを拾うことは、他者に向けられた行為ではありませんが、社会的に利他的な行為なので、あなたのポジティブ要素を強めます。

しかしより重要なことは、「止まっていた循環」を再開させたことにあります。

「(公共の場にゴミが捨てられているなどといった)悪いことのまま止まっていること」が「悪いことが解消される形」で循環を再開することは、システム存続にとって大きな意味があります。

私たちの心身も社会も同じことであり、しかも違う階層のシステムは連動します。

つまり、社会的にあなたがそのような循環を再開させたことは、あなたの心身にも良い循環が再開することを意味するのです』 

 

(セラピスト誕生 東豊より)

 

 


なんと、ゴミを拾うことで、自分の体の中に良い循環が起きるとは!

ゴミ拾いには自分の外側の世界をキレイにするだけでなく、自分の内面をキレイにする意味もあるのですね。

 


昔受けた、整体ボディワーカー山上亮さんの講座の中でも、ゴミ拾いについてのお話がありました。

www.kihiru777.net

 


道などにゴミが落ちていると、体はとっさに

「拾おう」

という反応をしているそうです。

 

でも頭では

「いやだな、こんなところにゴミが落ちている」

とか

「なんで私が拾わないといけないの」

などとグズグズ考えているので、ゴミを拾えずにそこを立ち去ってしまう。

 

でも気持ちはその場に残っているので、腰のあたりがどんよりと重くなってしまうそうです。

だから、ゴミを見つけたら、あれこれ考える前に、パッと拾えば気持ちも体も軽いのです。

 

 

道端に落ちているゴミ、

「いやだなぁ、ゴミ」

と思えば単なるゴミですが、

「良い循環のもと!」

と思えば、拾えるチャンスをもらえたことに感謝の気持ちすら浮かんでくるかも?


(とは言っても、決してポイ捨てを推奨しているわけではありませんので!)