宇宙人母が伝える楽しい地球の歩き方

宇宙人母KAYOがプロデュースする楽しいイベントのお知らせや、地球ライフを楽しくするヒントを書いています。

中野巧さんの「エンパシーライティングマスター講座」に参加しました

この週末は、中野巧さんの「エンパシーライティング マスター講座」に参加してきました。

 

 

「エンパシー」とは、「共感」のこと。

「共感」を生み出す文章術が、「エンパシーライティング」なのです。

 

わたしは、中野巧さんの「6分間文章術」の本を読んで、

「へー!こんなおもしろい文章術があるんだ!」

と、非常に興味を持ちました。

 

 そこで、

「もっと詳しく知りたい!」

と、中野さんご本人による「エンパシーライティング1DAY講座」に参加したのです。

それはそれは、目からウロコの技がたくさん詰まった講座でした。

 

・・・しかし!!

 

このときのわたしは見事に撃沈(T_T)

 

なぜならわたしは、子どもの頃から文章を書くのが好きで、すでに「自分の書き方」というものができあがっていたから。

 

ブログやメルマガを書くときは、頭で何も考えなくても、文章が浮かんでくるのです。

そんなわたしにとって、「構成」をきちんと考えるこのエンパシーライティングは、なんだか堅苦しいものに思えました。

 

そのため、受講後、

「わたし、できない。ダメだー」

とかえって落ち込んでしまい、しばらくこのスキルを使えずにいました。

 

別に今のままでも、

「文才ありますね」

とかよくほめられるし、それでいいじゃん・・・

 

と、思おうとしたのです・・・が!

 

このままで終わるのは、やっぱりくやしい!!!(←けっこう負けず嫌い)

 

それに、わたしは、「上手な文章」じゃなくて、「共感」されて、「行動」に結びつく文章を書きたい!

加えて、1DAY講座後に読み始めた中野巧さんのFacebookの投稿がいつもおもしろくて、

「こんな文章を書けるようになりたいなぁ」

と、中野さんの文章ファンになっていったのです。

 

というわけで、前置きが非常に長くなりましたが、今回の「エンパシーライティングマスター講座」では、2日間にわたってさらに深く広くこのエンパシーライティングを学んできたのでありました。

 

(↑会場はオシャレな表参道)

 

前回の1DAY講座に比べて、今回は少人数で和気あいあいとした雰囲気。

なんたって、「共感」というキーワードに惹かれて集まった方たちですからね~。

 

中野さんにもいっぱい質問をすることができて、前回の撃沈から、みごとに復活することができました。

そして、子どものころに作文を習ったときのようなワクワクした感じがよみがえってきました。

 

得てしてライティングというのは、

「自分が何を伝えたいか?」

ということにばかり注意がいきがちです。

 

でも、「共感」を生み出す文章に欠かせないのは、

「相手が何を知りたいか?」

という視点。

 

そして、ポジティブな人だけでなく、ネガティブな人の気持ちにもきちんとよりそいながら、文章を作り上げていくことが大切なのです。

 

今回の講座では、セールスレターの書き方についてもしっかり学びました。

もちろんここでも大切なのは「共感」です。

 

これまで、「セールス」というと、つい、売り込みみたいでウッとなってしまうところがありました。

 

でも、今回の講座を受けて、

「必要としている人に必要な物を届ける大切なコトバ、やさしく背中を押してあげるコトバがセールスレターなんだなぁ」

と思いました。

 

わたしが今回のマスター講座に参加できたのも、中野さんのセールスレターのおかげですし(^^)

 

中野巧さん、スタッフのももこさん、そしてともに学んでくださったみなさま、エンパシーライティングに浸った幸福な2日間を、本当にありがとうございました。