宇宙人母が伝える楽しい地球の歩き方

宇宙人母KAYOがプロデュースする楽しいイベントのお知らせや、地球ライフを楽しくするヒントを書いています。

Appleは、りんご?

こんにちは。宇宙人母KAYOです。

今日は、果物に関する英語ネタ。 PAPPですっかり有名になったパイナップルですが、 英語で書くと 「pineapple(パイナップル)」。

「パイン」というのは、 松ぼっくり(pinecone)に似ているからだと ご存知でしたか?

しかし、 パイン(松)はいいとして、 アップル(りんご)には似てないですよね。

なのに「アップル」が使われている理由、 なんだと思いますか?

実は、Appleというのは、 昔の英語では、 イチゴ類を除く果実の総称だったんですって!

つまり、パインアップルとは、 「松ぼっくりのような果実」 という意味だったのですね。

では、次の言葉は、 何の果物のことかわかりますか?

(1)finger apples(指のリンゴ)

(2)apple of paradise(楽園のリンゴ)

(3)apple of the earth(大地のリンゴ)

たぶん当てるのはむずかしいと思うので さっさと回答です。

(1)は、ちょっとなじみが薄いですが、ナツメヤシ(デーツ)。

(2)は、バナナ。

(3)は、なんと、じゃがいもです。

「果物じゃないやんけー!」 と、ツッコミが聞こえてきそうですが、 Appleが、果実全般をさしていたことが わかりますね。

ちなみに、フランス語でじゃがいもを表す言葉 「ポム・ド・テール(Pomme de Terre)」も、 「大地のりんご」という意味です。

あー、りんごのことを書いていたら、 なんだかりんごが食べたくなっちゃったな。