宇宙人母が伝える楽しい地球の歩き方

宇宙人母KAYOがプロデュースする楽しいイベントのお知らせや、地球ライフを楽しくするヒントを書いています。

小森圭太さんの「量子論的引き寄せコンサルタント養成講座」に行ってきました〜量子的に引き寄せられた?

先日、小森圭太さんの「量子論的引き寄せコンサルタント養成講座」に行ってきました。

 

以前、電子書籍スクールでお世話になったアドラー流プロコーチ篠崎龍治さんが、この講座のことをFacebookで書いているのを見てとても興味がわいたのです。

さらに、「量子力学」「引き寄せ」という大好物キーワードに見事に引き寄せられました☆

 

講座開始の数週間前に受講を決めたのですが、参加者の方は、新潟、広島、神戸など
全国各地から来ていてびっくり。

 

そして、わたしのように

「これだ!と思って、最近、参加を決めました」

という方が多かったです。

 

まさに、量子的引き寄せパワーの成せるワザ?

 

いやー、もう、初回からめっちゃおもしろかったです!

 

「なるほど、引き寄せを、量子的に説明するとこうなるのね!」

と、目からウロコが落ちまくりでした。

 

量子の理論的な話はもちろん、自分の状態がよくなる言葉の使い方や体の使い方など
盛りだくさんな内容だったのですが、今日は、その中で、

「発達障害に関係がある!」

と思ったことを書こうと思います。

 

わたしたちの意識には、顕在意識と潜在意識とがあります。

 

わたしたちの願望がなかなかかなわないのは、潜在意識の中に、願望達成をじゃまする
あれやこれやがつまっているから。

 

でも、小森さんいわく、
「100人にひとりくらいの割合で、潜在意識と本来の自分がつながっている人がいる」

とのこと。

 

ふつうの人は、直感が思考にじゃまされるけど、潜在意識と本来の自分がつながっている人は、直感を使って思考をコントロールしているんだそうです。

 

さらに、

「自分を俯瞰することで、本当の力を発揮することができる」

というお話も。

 

わたしは、これを聞いて、

「まるでうちの娘のことみたい!」

と思いました。

 

うちの長女(中3)には、軽度の発達障害があります。

学校の集団生活についていくのはタイヘンだけど、とってもピュアな心の持ち主。

 

自分の気持ちを正直に伝えてくれます。

 

「ママ、だいすき!」

のときはうれしいけど

「大キライ!」もストレート。

 

「はっきりしすぎでしょ!」

と思うこともあるけど、へんな憶測がいらないので、つきあいやすいです。

 

そして、長女の書く絵はいつも、バランスがバツグン。

どんな大きさの紙でも、絶妙な配置で絵を書きます。

 

まるで、どこか高いところから俯瞰しながら書いているみたい。

 

そんな長女は、引き寄せる力がとても高いんです。

 

お店でくじ引きなどあるとたいてい当てるし、いっしょに旅行をすると、台風をうまい具合によけられたり、いいサービスを受けられたりとラッキーなことが頻発します。

 

「そうか、この子は、量子的な力を活用してたのね!!」

と、気づきました。

 

昔は、長女の将来が心配で、とにかくお金をためておこうと仕事をガツガツがんばっていたこともありました。

 

でも、量子的に言うと、それは、「欠乏」にフォーカスしているので、逆に、
「欠乏」がどんどん拡大しちゃうのです!

 

あぁ、あの頃のわたしは、逆をやってたのです・・・(T_T)

長女に学べばよかったのですね。

 

 

先日開催した「発達障害を楽しく語るランチ会」でも、発達障害っ子の引き寄せ力の高さが話題になりました。

 

あれこれよけいなことを考えない彼らのほうが、実は、幸せの本質を知っている師匠なのでしょうね。

 

 

 

シェアする


Google

Pocket
LINEで送る
Line

f:id:kihiru777:20181013162006j:plain

「名前から知る自分の使命」など無料占いいろいろ

 

LINE@やってます♪

宇宙人母KAYOと1対1でやりとりができます

 

友だち追加

 

発達障害を持つ娘との楽しい日々☆宇宙人母KAYO初の電子書籍

 

お問合わせはこちらからどうぞ