宇宙人母が伝える楽しい地球の歩き方

宇宙人母KAYOがプロデュースする楽しいイベントのお知らせや、地球ライフを楽しくするヒントを書いています。

イカの目が高性能なのはなぜ?〜ガイア仮説を考える

こんにちは。宇宙人母KAYOです。

 

今日は、 ある本で読んで

「めっちゃおもしろい!」

と感動した 「ガイア仮説」(ガイア理論ともいう)について 書いてみようと思います。

 

 

「ガイア」というのは ギリシャ神話に登場する、最古の大地の女神です。

この宇宙には最初にカオス(混沌)があり、カオスからガイアは生まれました。

 

そして、ガイア仮説とは、地球と生物が相互に関係しあい、環境を作り上げていることを、 ある種の「巨大な生命体」と見なす仮説です。

(引用:ガイア理論 - Wikipedia

 

これだけ聞いても

「ふーん」

って感じかと思いますが、どんなふうに生命体が作られているかをこまかく見ていくと なかなかおもしろい。

 

たとえば、犬や猫は、赤や青程度の識別しかできず、牛は 白黒しか見えないと言われています。

 

その一方、魚のイカは、人間と同じくらい性能のいい目を持っています。

イカの目には、人間と同じく立体カラー映像が見えているのです。

 

しかし、そんな超高性能の目を持っているにもかかわらず、イカの脳はとても小さいのです。

たとえて言うなら 軍事スパイ衛星の超高性能カメラに、電卓のコンピュータがついている感じ。

 

その一方、ヒトの脳は、全体のたった3%くらいしか使われていないと聞いたことはありませんか?

 

ヒトは、類人猿から分派して以来、ひたすら脳を巨大化させてきました。

その結果、 頭が大きくなりすぎて、産道を通ることができなくなってしまいました。

 

そのため、ヒトの赤ちゃんは、頭蓋骨を重なり合わせて アタマを小さくして生まれてきます。

(だから生まれてすぐの 赤ちゃんのアタマは 真ん中に骨のすきまがあります)

 

イカの超高性能の目といい、ヒトの巨大すぎる脳といい、ずいぶん無駄だと思いませんか?

 

でも、自然というのは、決して無駄なことをしません。

 

イカの目もヒトの脳も、ちゃんと使用されるように、大きな計画の中に入っているのです。

それが、ガイア理論でいう巨大生命体。

 

イカの目は 海中をモニタリングするためのガイアの目。

そして、ヒトの脳はガイアの脳。

 

ほとんどの鳥も、人間の3倍以上の視細胞を持っていますが、鳥の目というのは、空中をモニタリングするためのガイアの目なのでしょう。

 

夏になるとどこからともなく現れるゴキブリも、死肉などを分解してくれる、地球にはなくては ならない分解者の役目があります。

 

それぞれの生物が 分担して巨大生命体を作っているのだと思うと、

「自分もその一部なんだなぁ」

と不思議な気持ちがしてきます。

 

きっと、私たちのまわりの人間関係も、この巨大生命体のミニ版のようなものなのではないでしょうか。

 

私たちは、あたりまえのようにできる得意なこともあれば、ひどく苦手なこともあります。

日本では、学校教育の影響でオールマイティにできることが求められるけれど、みんなでひとつの生命体を作っているのだと考えれば、ひとりで全部のことをやる必要はないですよね。

 

物事を考えるのがうまい人が脳の役目をし、情報を見つけるのがうまい人が目の役目をし、手先が器用な人が手の役目をする。

(私は、 おもしろい人を見つける嗅覚があるから、「鼻」の役目かな)

 

調和した人間関係というのは知らず知らず、そんな感じの共同生命体を作っているのかもしれません。

 

そう考えれば、自分に何か苦手なことがあっても、ムリにがんばったり落ちこむこともなくなりますね。

自分がいちばん役に立てることをして、苦手なことはそれが得意な人にまかせてたら、いちばんうまくまわるのです。

 

ひょっとしたら

「自分には 、人の役に立てることなんて何もない…」

って思う人もいるかもしれません。

 

大丈夫!

 

自然は、決して、無駄なことをしません。

だれもが、ガイアという、すてきな巨大生命体の一部をになっています。

 

自分がすでにどんなに役に立っているかを、自分で気づいていないだけなのです。

 

ではまたね☆

 

 

 

シェアする


Google

Pocket
LINEで送る
Line

f:id:kihiru777:20181013162006j:plain

「名前から知る自分の使命」など無料占いいろいろ

 

LINE@やってます♪

宇宙人母KAYOと1対1でやりとりができます

 

友だち追加

 

発達障害を持つ娘との楽しい日々☆宇宙人母KAYO初の電子書籍

 

お問合わせはこちらからどうぞ