宇宙人母が伝える楽しい地球の歩き方

宇宙人母KAYOがプロデュースする楽しいイベントのお知らせや、地球ライフを楽しくするヒントを書いています。

てとてさんのカイロプラクティックはおもしろかった〜!

月曜日に、 セクシャルセラピストかよさんの お宅におじゃまして、 福岡のカイロプラクティック 「てとて」の 眞子洋一さんの 東京出張セッションを受けてきました。 かよさんちは 吉原の近くだったので ちょっとだけ 探検してしまった♡

image

image

(セクシャルセラピストかよさんには 以前、別のセミナーでお会いして 吉原の近くにお住まいと聞いていましたが こういう形でおじゃまできるとは!)

「てとて」さんの施術は 初めて受けたのですが あまりのショーゲキで 帰り道 放心状態でした・・・

初めてお会いした てとてさんは とってもやわらかな雰囲気の方。

でも、施術が始まるとキリッ☆

まずは、 カラダの 気になるところを聞かれて 立ったり座ったりして カラダのコンディションをチェック。

そして、 「どこから取り組めばいいか カラダに聞いてみますね」 と、てとてさん。

キネシオロジー(筋肉反射)を使って カラダの反応を見ていくのです。

カラダにゆがみがあると いくら力を入れようとしても ぜんぜん入りません。

でも、眞子さんが、 手早く施術するだけで ちゃんと力がはいるように!

そして、 どんどん施術がすすんでいき、 「あぁ、この先は、 メンタルですね」 と、てとてさん。

ココロの深い部分が カラダの症状となって あわわれているのです。

質問や キネシオロジーで ココロの奥深い部分を さぐっていったのですが

ショーゲキの発見が!

ひとつは 父が、わたしに対して 「男の子だったらよかった」 と心の深いところで思っていて、 それをわたしは敏感に察知していたこと。

わたしには兄がいるし、 自分の誕生時に 女でがっかりされたという話も 聞いてことがなかったので

「いや、そんなはずは」 と打ち消したかった。

でも、 考えてみると わたしは、自分の女性性を めちゃめちゃ否定していました。

 

子どもの頃は スカートが大っ嫌いだったし

生理が来たのも中3で遅かったし

学生時代は摂食障害で 過酷なダイエットとリバウンドを くりかえしていたし

ダイエットのせいで 生理がとまっていた時期も長くて

結婚後 不妊治療を受けても なかなか子どもが授からなかった。

今では スカートをはいたり メイクをしたり 女であることを 楽しめるようになってきましたが

それでも てとてさんのキネシオロジーの反応では まだまだ女性性を 否定していることがクッキリ。

そして その否定を施術で クリアにしていただいたら

「女性性を 100%までアップしてよい!」 と、自分にOKを出せたことが カラダの反応で確認できました。

ほかにも 足首を施術しただけで 首や肩のこりが すぐになおってしまったりと 50分間の施術中

「えぇー!」 「不思議!!」 を、連発しっぱなしでした。

 

てとてさんの施術は キネシオロジーや綿棒や音叉など その人に合わせて さまざまなツールが登場して とってもおもしろいです。

治療院は福岡ですが 出張施術も されていますので 機会があればぜひ 受けてみてくださいね〜!

かよさん、 今回の企画を本当に ありがとうございました。

てとてさんのブログはこちらです

http://ameblo.jp/calm1/