宇宙人母が伝える楽しい地球の歩き方

宇宙人母KAYOがプロデュースする楽しいイベントのお知らせや、地球ライフを楽しくするヒントを書いています。

ドラマセラピーを知っていますか?めんぼーくんのドラマセラピーin神奈川県松田町開催します

ドラマセラピーを知っていますか?

 

テレビドラマを見て心を癒やすセラピー・・・ではありません。

ドラマ(drama)とは、演劇のこと。

演劇の手法を使って、自分の心を癒やし、心身を浄化するセラピーです。

欧米では、心理療法の1つとして、学校、病院など様々な場所で取り入れられています。

 

演劇と言っても、舞台で演じるためのものではありません。

演じることで、自分の心を見つめ、自分の可能性を広げていきます。

だから、演劇経験も高い演技力もまったく必要ありません。

 

 

とは言っても、

「演技なんて、ムリムリ!」

「人前で演じるなんてはずかしい・・・」

と思われる方もいるかもしれません。

 

でも実は、わたしたちは、毎日の生活の中でも何らかの「演技」をしています。

元気がないときも元気があるふりをしたり、苦手な相手に対してがんばってほほえんだり、わざとすねてみたり。

演じることというのは、人が社会的に成長していくために、本来そなわった能力なのです。

 

そうは言っても、ときには、演じすぎて自分の本当の気持ちがわからなくなることはないですか?

逆に、いつものパターン、いつもの人間関係に閉塞感を持つことはないですか?

 

そんなときにぜひ体験していただきたいのがドラマセラピーです。

 

わたしたちの人生は、いつもぶっつけ本番です。

 

「どうしてわたしは、いつもあんな態度をとっちゃうんだろう」

「あのとき、こんなふうに言えたらよかったのに」

と、自分の行動を後悔することもあるでしょう。

 

 

しかし、「いつもの自分」で生きている限り、「いつものパターン」をくずすのはなかなかむずかしい。

だからこそ、ドラマセラピーでは、アタマで考えるだけでなく、実際にカラダを動かしてドラマを演じます。

 

 

カラダを動かして体感することで、

「あぁ、こういうことか!」

って気づくことがたくさんあります。

すると、これからの行動の選択肢が広がります。

 

そして、「人生」というドラマを、自分が主人公として堂々と生きられるようになっていくのです。

 

まずはドラマセラピーがどんなものなのか、体験してみませんか?

講師をつとめるのは、「お笑い福祉士めんぼーくん」として静岡県で大活躍の河合孝彦さん。

めんぼーくんは、日本でのドラマセラピーの第一人者である中野左知子さんに師事しています。

めんぼーくんは、長年、医療や福祉、教育の現場でお笑いを取り入れた表現活動に従事してきました。

障害者とのコミュニケーションを高めるために吉田明美氏に師事してパントマイムをはじめ、パフォーマンス学、プレイバックシアター、インプロゲーム、大道芸を学び、女優藤田弓子さんが主宰する劇団の団長もつとめました。

現在も、パフォーミングアーツカレッジ(俳優・声優・タレントの養成学校)や福祉専門学校の講師、老若男女だれでも楽しめる「よなおしギター」の普及活動、赤ちゃんから老人まで楽しく笑って遊べる「わははの会」、小学校や老人ホームでの絵本ひらきよみなど、幅広く活動しています。

 

 

そんなめんぼーくんがドラマセラピーをファシリテートしたら、いったいどんなことがおこるでしょう?

自己肯定感&自己表現力がぐーんとアップすることまちがいなし!

 

生きていると、日々、たいへんなことはいろいろあります。

でも、ときには「いつもどおりの自分」の皮を脱ぎ捨てて、心を自由に遊ばせてみませんか?

心がポカポカしてくるすてきな時間を、ぜひいっしょにすごしましょう。

 

 

めんぼーくんFacebookはこちら

*ご自分と向き合う時間にしていただきたいので、お子様づれの参加はできません。

 

 

詳細・お申込みはこちらからどうぞ↓

 
 

*ドラマセラピーについて詳しく知りたい方はこちらの書籍がおすすめです。

(著者の中野左知子さんにめんぼーくんは師事しています)