宇宙人母が伝える楽しい地球の歩き方

宇宙人母KAYOがプロデュースする楽しいイベントのお知らせや、地球ライフを楽しくするヒントを書いています。

山上亮さんの「季節のからだと手当て講座in南足柄」に参加しました〜「感じたら動く」

今日は南足柄で開かれた山上亮さんの「季節のからだと手当て」という講座に参加してきました。


山上亮さんといえば、野口整体、「整体的子育て」やクーヨンなどで自然派ママには非常に有名な先生です。


その山上さんを、友人のほったさんが

「ぜひ南足柄に来てください!」

とよんでくれたのです!

 

彼女のすばらしきバイタリティに感謝♡


会場の部屋に入るとさっそく山上さんが!

 

持参した山上さんの著書にサインをお願いしたら

「いいですよ~」

とサラサラ。

かわいいはんこまで押してくださいました。

なんて気さくな方でしょう。

 

f:id:kihiru777:20180913094814j:plain

 

お話の内容は、整体について、病気について、そして実際のお手当ての実習など盛りだくさんでした。

 

そして、特に私の心に響いたのが、

「整体は『治療』ではない。『治療』ととらえていると、いつまでたっても『治す人』と治される人』という関係が続いてしまう」

というお話です。

 

野口整体の創始者、野口晴哉先生は、患者さんがベッドから起きるときにも、本人が気づかないくらいのさりげなさで腰をちょっと支えていました。

そうすることで、その患者ご本人が

「私、自分で起きられた!」

という自信をもてるようにしていたのです。

 

 

上の写真の言葉にもありますが、

「感じたら動く」

というお話にも深くうなずいてしまいました。

 

「ちょっとでも感じたら動くこと。

『氣』になったらとにかくやってみる。そうすると後に『氣』が残らない。」

 

これについては、今の私、かなりできてます。

やりたいことやるようになったら慢性の腰痛もなくなったし。

 

お手当ての実習では、隣の人とペアになって肩や足の愉気(手当)ポイントを交代でさわりました。

 

「人にふれられるってほんとに気持ちいいなぁ」

と実感しました。

子供たちにもっともっとふれてあげたくなりました(あっ、夫にもね)。

 

先生にツーショット写真もお願いしちゃいました!

 

f:id:kihiru777:20180913095103j:plain


実は、私、

「きっと山上先生はトレードマークの作務衣を着てらっしゃるはず」

と予想していたので、さりげなくおそろい風の服を着ていったんです。

(フォッフォッフォッ、策師じゃのう)

 

でも、この作務衣、おうちから着てらしたのかと思ったら、後で普段着に着替えてらっしゃいました。

講座用のコスチューム(?)だったのですね!

 

山上先生、また南足柄にいらしてくださいね。

ほったさん、スタッフのみなさま、今回のような機会を作ってくださって本当にありがとうございました。